5/14(火)未来をつかむ星読みTips-頭と心の違いを知ろう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


友だち追加

 
 

今日のTips!
○自分自身にこだわろう。
○それ心の底から望んでいるもの?顕在意識で物事を決めてないか確認しよう!
○ハードルを低くして、確実にヒットを打つつもりでいこう!

 

 

この日の夜明けは、4時37分。
月は、おとめ座のまん中からスタートです。

この日の月はいっぱいアスペクトがあります。
太陽、土星、冥王星海王星のカイト型。
海王星と土星、冥王星ヘッドのミスティック・レクタングル。
海王星と木星でTスクエア。
水星、海王星とコンプロマイズです。
・・・すいません、専門用語ばかりで。

どのアスペクトにも共通してるのが月と海王星の180度です。
特徴的なのは、太陽、月、土星、冥王星の土のグラウンドトラインがある反面、海王星、月の180度や、木星のTスクエアのような意識の広がりということがあることです。

意識が拡大して収拾がつかなくなるのかなぁと思いきや、なんとかそれを形にしていくような力があると読めます。

土のグラウンドトラインなので、ここは成果が出てくるところですから
この日の運気も活用したいところですね。
この日は、新しいことをやるということではなくて、自分らしさ、自分にこだわって、自分の中のものを出していくことに意識を向けるといいです。
ホームランを狙わずに、確実にヒットしていく。
バットを短く持つ感覚です。
一見地味かもしれないけど、一つずつ成果を出す、何か形にしていくつもりで行動してみてください。

自分が変わる、社会に対してのあり方を変えていく。
こんな運気がずっとあります。
その変わる意識は、本当に心から意識してるかが大事です。

頭の中で、顕在意識で変わることを考えてしまって、心の中の気持ちがついていけないなんてことがあるかもしれません。
変わりたいのであれば、自分の気持ちを変えていかないと変化できないんです。
本当の気持ちはどうしたいのかを、自分に問いてみるといいですよ。

さて、この日はイマジネーション力が高いです。
心の中にあるものを言語化して、顕在意識側に出てきやすい力があります。
気をてらわず、素直に自分の心に聞いて「やってみたい!」と思うことを形にしていきましょう。

例えば、イベントや新しいビジネスを実験的にやってみたいと思うことがあったら、この日に決めちゃった方がいいでしょう。
ハードルを下げて、ちっちゃいもので構いません。
まず、やると決めて告知をしちゃいましょう。

この日の運気的には、自分自身にこだわりが出せます。
もし告知をするんだとしたら、勢いだけで告知をしないことです。
細部に渡って丁寧に告知文を作ってみましょう。

例えでイベントのことを書きましたけれど、イベントの話だけではありません。
自分自身にこだわるって形にしていく力があるんです。
いろんなシーンに、自分のこだわりを出してみてください。
そうすると、仕上がりが上手くいきやすいです。

この日は、イケイケで活動するより、自分自身にこだわってきちんと丁寧に自分を出していくことを意識するといいでしょう。
あれこれ手を出さずに、自分と向き合って、これと決めたことがあったら、確実にアウトプットしていくことを意識するといいです。

また、心の中で感じていることも認識しやすいです。
心の中で感じている気持ちと、頭の中で考えていることがちぐはぐになっていないか、自問自答してみるといいです。

高い理想を追わないで、ハードルを低くして実行できるようなことをやっていきましょう!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

私たちは、宇宙の影響を受けて生きています。
『未来をつかむ星読みTips』は、毎日変化する天体の位置から、地球に影響する力を読み解いています。
西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
5月の鑑定(セッション)を募集中です。


「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを感じているのなら、
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

もっと西洋占星術の世界を知ってもらいたくて、LINE@はじめました!
星の観点からみた、お役立ち情報なども発信していきます。


友だち追加

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      太陽をつかめ!

      昨日は、みけ先生の講座でした。そこで、太陽についてお話があった…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP