1/25(金)未来をつかむ星読みTips-情報を使って変化しよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


友だち追加

 
 

今日のTips!
○内面で感じていることを、スムーズに行動できる日。
○論理的思考能力も高く、仕事や実務的な作業に向いている。
○情報を使って、自分の固定観念を外せそう。
固定観念を外せば、新しい世界が開ける!

 

 

 

この日の夜明けは、6時46分。
月は、おとめ座の後半からスタートです。
13時ごろ、てんびん座に入ります。

月は、ヘッド、水星、キロンでミステック・レクタングルを作っています。
そして、冥王星ど120度、金星と90度です。

この日の特徴は、このミスティック・レクタングルです。
サイン(星座)としては150度なんですけど、月と水星が120度です。

感性と顕在意識が連携しやすいです。
スムーズに行動できると思います。
ロジカル能力も高いので、仕事もはかどります。

みずがめ座は、抽象度も視点も高いです。
高い視点から全体をみることができます。
一方、おとめ座は、逆に細かく自分の事に集中するんです。
この点がお互い相容れなくて、サイン的には、モノにするのに努力や訓練が必要なんです。
が、今回は仲良く120度。

視点を高くして、俯瞰するような知識情報をつかって、自分の中に落とし込むことができます。

人間は見たいモノしかみません。
それは、RAS(Reticular Activating System=脳幹網様体賦活系)が、興味のあることだけを脳に届けて、それ以外は遮断しているからです。

遮断したものは、スコトーマ(心理的盲点)と呼ばれています。
実際に見ているものでも、脳に届かず認識できません。

みずがめ座の高い視点に立つことを使えば、自分の事に関してもスコトーマが外れやすくなります。
みずがめ座水星の力、すなわち視点が高く、全体を見渡せるような情報を武器にしてみることをオススメします。

今、FACTFULNESS(ファクトフルネス)』という書籍を読んでいます。
見たいモノしかみない自分たちの思い込みを乗り越えて、データから世界を正しく認識しようという書籍です。
人間が先進国と後進国の2極で捕らがちなものを、データから2極の間にいくつかの層があることや、人間が興味を持ちそうな内容しか、メディアは報道しないなど、スコトーマがぽろぽろ外れそうな内容です。

総務省統計局から、無料で各種データが提供されています。
例えばこういうものを活用するのもいいと思います。
正しい情報を使うことで、案外自分のスコトーマは外れると思います。

この日は、自分の内面で感じていることを、そのままスムーズに行動できます。
また、論理的思考能力も高いですので、仕事や実務的な作業は、はかどります。

また、情報を使って、いつもより高い視点にから物事を考えることができます。
自分の可能性を広げるために、自分の殻を壊すことに使えるでしょう。
自分の意識を変えないと、新しい可能性はつかめません。
そのためには、今までの思いグセ、固定観念を外すことです。
情報を上手に使い、固定観念を外して新しい世界へ踏み出していきましょう!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

私たちは、宇宙の影響を受けて生きています。
『未来をつかむ星読みTips』は、毎日変化する天体の位置から、地球に影響する力を読み解いています。
西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
2月の鑑定(セッション)を募集中です。


「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを感じているのなら、
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

もっと西洋占星術の世界を知ってもらいたくて、LINE@はじめました!
星の観点からみた、お役立ち情報なども発信していきます。


友だち追加

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      星の左回りと右回り

      「ホロスコープって左回りなのですね?」そんな質問を…

    2. アストロデータを活用しよう

      4/27(金) 未来をつかむ星読みTips-出かけよう!-

      【今日のひとこと星模様】 社会的な活動を、変えて行け…

    3. アストロデータを活用しよう

      11/29(金)未来をつかむ星読みTips-自分の才能に気づこう!-

      星詠みゴール設定グループ体験会募集中です。今回は、ご参加の皆様のソー…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP