6/26(火)未来をつかむ星読みTips-未来のために過去を使おう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

この日の夜明けは4時26分。
月は、いて座の前半からスタートです。

この日は、いままでの経験則から得た自分の「知恵」をつかって、新しいコトを実験していくことをオススメします。
規制のない自由な行動力があるので、将来、自分のやりたいことの実験をしやすくなっています!

では、解説します。

いて座の月が、みずがめ座の火星と60度の角度を取っていて、しし座ヘッドとコンプロマイズを形成しています。
目標に向かってスムーズに行動できる時。
目の前の枠やルールを外して活動できます。

月は、キロンとも120度を取っているので、行動しながら自分の心の中にある気づきが得られる可能性もあります。

少し角度は離れてきましたが、まだ水星は冥王星と180度です。
これは、自分の経験則をつかって社会に役立てる力があります。
経験則って書きましたけれども、書籍から得た知識ではなく、自分の体験をとおして得た自分自身だけが肌感覚で知っている「知恵」を指しています。

この知恵というのは、誰でも経験があると思うのですが、例えば、お客様とお話ししていて、「何となくこの商談がまとまりそうだ」とか、「なんとなくきな臭い感じがする」とか、そんな感覚ってありますよね。
これは、今までのビジネスのの経験を通して、肌感覚で感じる事なんです。
人間は、そんな感覚があるんです。
こんなことを指しています。

で、これらを踏まえて考えると、

これまで自分が、仕事を通じて学んできた経験則を活用して、これから自分が進みたい未来に向かって活動していこうとするといいのではないでしょうか。
その活動は、実験だとか、トライ&エラー的な要素がでできます。
だけど、行動を制限する枠組みやルールを無視して、自由に動くことができる力があります。
だから、自由にテストマーケティングしたり、気になるところにヒアリングやインタビュしにいったり、直接お客様に聞いてみるのもいいでしょうね。

お客様にとっても、自分にとっても、将来の付加価値がつくようなものを模索してみるといいと思います。

よく、時間は未来から現在に流れるといいます。
過去の積み重ねで、未来を創っていくのではなく、未来をイメージして、今をどう生きていくのかという考えです。
そこには共感します。

だけど、これまで培ってきた自分自身の「知恵」までも過去のものとして捨てることはないと考えています。
過去の自分が得た「知恵」を土台として、未来をイメージして今を生きていくのがいいのだと思っています。
未来のために、過去に学んだ「知恵」を活かしてください!

また、火星が、6/27(水)から逆行します。
火星が逆行するときは、自分の行動を見直す傾向が出てきます。
今までの行動や、活動指針を見直して整理していく時期なんです。
そして、リニューアルして次に進めていく力があります。

こちらのカレンダーにも記載していますが、この火星の逆行は、6/27(水)~8/28(火)までです。
この期間を使ってリニューアルしていってください!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
6月、7月の鑑定(セッション)を募集中です。

6月、7月は、社会的な立場や活動を見直して、足場を固め、自分のやりたいことを見つけていく。
そんな流れがあります。
「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを考えている方。
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしていきませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      10/8(月)未来をつかむ星読みTips-自分らしく続けていこう!-

      今日のまとめ!○成果を出すためにどうしたら良いか考える日。○結…

    2. アストロデータを活用しよう

      3/5(日)今日は上弦の月、そして啓蟄です。

        力をコントロールせよ!今日は、上弦の月です。この日の星…

    3. アストロデータを活用しよう

      9/15(火)未来をつかむ星読みTips-150度祭りだ!-

      LINE@の登録で、星活用カレンダーがご利用できます!月の…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP