月を知る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ホロスコープには、10天体が記載されています。

ホロスコープの中で、太陽が位置している星座が○○座生まれとなります。

ホロスコープは、Webで検索すると無料作成サイトが沢山あります。

ご自身の出生図を作成してみて、10天体がどこに配置されているのかを確認すると面白いですよ。

記号の読み方は、こちらにあります。

 

ネイタル図月の説明

 

 

月の位置

みなさまの出生図では、月はどこにありますか?

上図の例では、月が入っているのが天秤座となります。

月は、生まれた素の資質、感情を表します。また、母性や母親も月に象徴されます。

資質は他の天体の影響もあるのですが、月の影響が一番大きいです。

太陽は、意識しないと活用できませんが、月は、無意識に作用しちゃいます。

なんせ感情なのですから。

 

 

月を知る

自分の月の特徴を理解すると、自分の好みの傾向がつかみやすくなります。

自分の好みの傾向って、客観的に説明しずらくないですか?

自分の月の特徴を知ると、客観的な自分の好みの傾向が理解できるので、好きを強みにしやすくなります。
 

 

今日もみなさまにとってわくわくな1日でありますように!

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      2017/7/9(日)満月【その4】-未来は革新して手に入れる!-

      7月のセッションあと1枠となりました!こちらからお申し込みができま…

    2. アストロデータを活用しよう

      4/8(日)下弦の月 未来をつかむ星読みTips-半歩進んだら、しっかり甘やかせ!-

      4月に入ってから街では、社会人一年生らしき人たちをよく見かけます。 …

    3. アストロデータを活用しよう

      9/25(水)未来をつかむ星読みTips-人間関係は、待たない!自分から!-

      みなさま!新しい常識を創る時期に来ていると、このブログで、いつもお伝…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    2016年5月
    « 4月 6月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031 

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP