9/1(金)-内面に意識が向きやすい!創作活動をしよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


LINEの登録で、星活用カレンダーをプレゼント!


月の満ち欠け、天体のサインイングレス(星座の移動)、天体の逆行、ボイドタイムなどに、東洋の二十四節気情報をつけたカレンダーです。
こんなカレンダーが欲しかったのですが、ドコ探してもなかったので作りました。
 
星の力は、地球上に影響します。
星のリズムは人間の生活にとって非常に大切です。
星を意識して日々生活すると、星の力を得やすくなります。
星の力を使えば、やりたいことや目標達成により近づくことができます。
ビジネスに日々の生活に、お役立ていただければうれしいです

LINEでは、重要な星読み日を動画で配信しています。
星の観点からみた、お役立ち情報なども発信していきます。

友だち追加

 
 

 

今日のTips!
○感情や内面に意識が向かいやすい日
○体調が不調なら休もう!
○ビジネスの課題に取り組もう!

 

 

この日の夜明けは5時12分
月は魚座の後半からスタートです
22時30分ころ、牡羊座に入ります。

夜明けの月は
海王星と重なり
天王星木星、水星とコンプロマイズです。

感情や内面に意識が向かいやすい日です。
想像力が高くなり創作活動には向いています。

一方で不調を感じる方もいるかもしれません。
その場合は無理せず休みましょう。

不調は自己免疫が身体を治そうとしている証拠です。
大切なのは不調の原因を探ること。
根本を正して休めば、不調は治ると言われてます。

なんてったって私達は、身体が資本ですからね。
身体第一でいきましょう!

さて、この日から火星が土星と150度をとりました。
ビジネスには少し厳しい運気です。

訓練めいた運気が出てくるので、仕事の進め方を見直したり、課題を浮き彫りにさせることをオススメします。

ビジネスって課題を明確にすることが成功への一番の近道。
また、水瓶座冥王星の時代に入りますから、いままでの常識が崩れます。
過去の事例から学ぶのは危険かもしれません。

水瓶座冥王星の時代は、どんな変化が出てくるか予想つきません。

「なんでもあり」

なんです。

じゃ、課題をどう明確にするかなんですが、私は最低限言えるのは、ビジネスで売る商品(有形無形関係なく)の質を抜群に上げること。

商品の質を上げるには、試す試す試すの繰り返し。
やってみて修正しての繰り返しです。

ビジネスには問題やら課題がつきものです。当然なんです。
あきらめずにやっていきましょう!
応援しています!

というわけで、この日は

○感情や内面に意識が向かいやすい日
○体調が不調なら休もう!
○ビジネスの課題に取り組もう!

という3点をお伝えしました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

それではまた^^

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

 

私たちは、宇宙の影響を受けて生きています。
『未来をつかむ星読みTips』は、毎日変化する天体の位置から、地球に影響する力を読み解いています。
西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
9月の鑑定を募集中です。

公開スケジュールのセッション以外でも
都合がつけば、
個別のセッションも受け付けております。
連絡くださいね!

この激動の時期、変化変容が促されています。
これはチャンスです。

ブログでは日々の運気をお伝えしていますが、その運気に加えて、個人ごとにピンポイントに活用する星の力があるのです。

「未来を変えて行きたい!」

「自分の強みを知りたい。」

「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」

「岐路に立っている様な気がする。」

「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」


こんなことを感じているのなら、
西洋占星術の知見を使って、未来をデザインしてみませんか?

お申し込みはこちらから!
『おかちまち たろ』のプロフィールは、こちらから!

 


LINEの登録で、星活用カレンダーをプレゼント!


月の満ち欠け、天体のサインイングレス(星座の移動)、天体の逆行、ボイドタイムなどに、東洋の二十四節気情報をつけたカレンダーです。
こんなカレンダーが欲しかったのですが、ドコ探してもなかったので作りました。
 
星の力は、地球上に影響します。
星のリズムは人間の生活にとって非常に大切です。
星を意識して日々生活すると、星

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      7/19(水)-自分の欲求を知って表現に繋げよう!-

      LINEの登録で、星活用カレンダーをプレゼント!月の満ち…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP