10/2(火)未来をつかむ星読みTips-自分をケアしよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今日のまとめ!
○成果を出すことに意識が向かう日。
○成果を出すためには、自分を整えるのが最優先。
○チームや組織ではなくて、独りで感じて考えることがいい!

この日の夜明けは、5時36分。
月は、かに座の前半からスタートです。

てんびん座の太陽と月が90度の下弦の月です。
土星とキロン入れるとグランドクロス(正方形)っぽくなってますね。

この日は、仕事などの社会的な成果を出すことを意識する力が働いています。
そのために必要なのは、タスクでもスケジューリングでもなく、自分自身を整えること。

うお座にキロンが入ったので、これまで続いていた自分自身の修正が再び始まります。
自分自身が整ってないと、仕事でも自分のやりたいことでも成果なんかでないっしょ!って星が言ってます。

心身に「あれっ?変だな?」って覚えがある方は、まずそこを修正することをオススメします。
体調の異変の原因は、身体(ハードウェア)が悪いのではなく、心(ソフトウェア)の問題がほとんどです。

ソフトウェア作るときに、人為的ミスでエラーになってしまうようなプログラムコードを書いてしまうことがあります。
それをバクといいます。

これと一緒で、何か体験を通して感じたことが、変なフィルターとか感情がくっついて、バグのような不具合を記憶させているんです。
それが身体の不調の原因になっていることが多いです。

あとは、現在いる環境に大きなストレスを感じているとか。
今の環境で成果を出すのは、本当に自分の目的のためなのか??
そんなことを考えてもいいでしょう。

この日は、月、土星、天王星がコンプロマイズ(直角三角形)になっています。
チームや組織によりそうのではなく、独りで考えていったほうがいいのです。
その方が、自分にとっての新しい観点や着眼点がでてきやすいと星は言ってます。

下弦の月は、新月に立てた目標が具現化するときと言われています。
そこも少し意識して、目標と今の成果、そして自分の体調の関係を考えてみるといいですよ!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

私たちは、宇宙の影響を受けて生きています。
『未来をつかむ星読みTips』は、毎日変化する天体の位置から、地球に影響する力を読み解いています。
西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
10月の鑑定(セッション)を募集中です。


「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを感じているのなら、
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      3/28(水)未来をつかむ星読みTips-のびのび開放できる日!-

      やっとスマホのトップページにも、PC版のものと同じロゴを表示することが…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP