7/19(木)未来をつかむ星読みTips-フラットに話せる人と交流しよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

この日の夜明けは4時39分。
月は、てんびん座のまんなかあたりからスタートです。

いろーーんなひとと、コミュニケーションしやすい時ですね。
多方面の人に、自分の考えを上手にお話できそうです。

だけど、人と人の対等な関係だったらいいのですが、組織や団体になると違ってきます。
組織や社会的な規制に、はばまれる感じなんです。

なので、商談やプレゼンの日程を選択できるならば、この日は避けたほうがいいと思います。

どちらかというと、自宅や会社とは全く違うような人との交流がいいです。
積極的に交流できます。

そうなると考えられるのは、各種の勉強会とかセミナーで交流するとか。
あるいは、○○塾とかコミュニティに参加するようなことでしょうか。

ふだんドップリ浸かっている会社の文化。
自分が感じる仕事の常識、仕事へのポリシーも会社の文化に染まっています。
そこから抜け出すには、全く別な人と交流すること。

ふだん感じていない知見にふれることで、目からうろこがボロボロ落ちます。
この日は、対外的に仕事を仕掛けていくより、自分自身を成長させるようなことを意識するといいと思います。

昔「7つの習慣」という書籍がありました。
その書籍で7番目の習慣が「刃を研ぐ」です。
「刃を研ぐ」とは、自分自身を再新再生していくために、自分の土台になる「刃」を研いでいこう。
こんな内容でした。

また、人間は「上向きの螺旋」のように成長を繰り返していると書いてあります。

いまの時期は、自分の可能性を発見していく力があると書いています。
この「刃を研ぐ」習慣と同じなんです。
そして、発見した可能性を少しずつ形にしていくのは、「上向きの螺旋」そのものなんです。
いろいろ発見していってください!

今日のTips!
○仕事や私生活のしがらみがない人と、積極的に交流ができる。
○商談やプレゼンは、コントロールできるなら、この日は避けたほうがベター。
○自分自身を成長させるようなことを意識しよう!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

私たちは、宇宙の影響を受けて生きています。
『未来をつかむ星読みTips』は、毎日変化する天体の位置から、地球に影響する力を読み解いています。
西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
8月の鑑定(セッション)を募集中です。

8月は、自分の内面の探求から、外に向かって表現活動をしていく時期。
社会的な立場や活動を見直して修正をかけていく流れもあります。

「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを感じているのなら、
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      ちょっと未来の星読み-2017年4月4日(火)上弦の月-

      お正月は、今年のやりたいことを自分に問いかけています。…

    2. アストロデータを活用しよう

      2016/10/9(日)。今日は上弦の月です!

      今日は、上弦の月です。新月に立てた行動計画。その振…

    3. アストロデータを活用しよう

      12/21(木)感情と欲望の星読み-学生時代最後の夜!?-

      月は、山羊座の後半からを運行です。 12時ごろ水瓶座に入ります。…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP