6/3(日) 未来をつかむ星読みTips-視点を高くしよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

じぶんのこと

今、久々に撮影をしに長野に来ています。
2000mくらいの山をうろうろ車走らせているのですが、すんごい気持ちいいですね~。

しっかし、久しぶりに撮る風景写真はダメダメばかり。
星の写真が撮れなんです!
やっぱり撮影をしていないからだよなぁ。
撮影も星読みも、普段から触れていないと技術が落ちてしまいます。
でも、あまりにも撮り方忘れていたのでビックリしました。

ぐちぐち言ってても仕方ない。
初心に返って、少しずつ撮影です。
以前のレベルまで戻すどーー!!

とりあえず月だけ撮りました。

 

さて、星読みです。

 

この日の夜明けは4時26分。
月は、やぎ座の後半からスタートです。
7時ころ、みずがめ座に入ります。
  
前日に書いた、「受容力高く利他的に動いていたものが、一歩踏み込んで社会的な活動の中で結果をだそうという欲求が強くなる」というものは、引き続いています。
もちろん「利他的な力で既存の概念を壊す!」ということも同じです。
 
それを踏まえて、この日は、衝動的に壊したものを、俯瞰して活動していくようなことができます。
自分を制限するワクという概念があまりなく行動できるので、思うままにスイスイ行けそうですよ。

言語化する力、論理的な力もバックアップしているので、文章で発信したり、論理武装して仕事に臨むことも○。
だから、既存のものを壊した上に、フラットな立場で新たなものを創ることができると思います。

もし、固定観念があったら、それを手放すチャンスにもなります。
物事には、正解なんてないんです。
いろんな角度から見て、自分が気に入るものを選択すればいいだけ。
もし、「これいやだなぁ。」と思うようなことがあったら、違う視点違う立場で考えてみることをオススメします。

この日は、それに加えて、割と思考にキレが出てきて鋭さがあるのです。
ヒラメキも強そうです。
集団より、個人で活動したほうが結果がでそうですね。

既存の概念を壊して、フラットなスタンスで活動して、新しいモノを組み立てる力があります。
イヤだと思うようなことを感じたら、違った視点、立場で見つめ直すようにしてみるといいです。
この日、武器になるのは、言語の力と論理性なので、これらを意識して視点を柔軟に持って、行動してみてくださいね!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
6月、7月の鑑定(セッション)を募集中です。

6月、7月は、社会的な立場や活動を見直して、足場を固め、自分のやりたいことを見つけていく。
そんな流れがあります。
「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを考えている方。
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしていきませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      出生図からミッションステートメントを作ろう!

      書籍「7つの習慣」というものがあります。 自己啓発…

    2. アストロデータを活用しよう

      卒業試験のセッション募集!

      自分にとってみけまゆみ先生は、西洋占星術の「師匠」です…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP