4/29(日) 未来をつかむ星読みTips-自分を客観視してみよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

【今日のひとこと星模様】
この日も、人とのふれあいが大事です。
今までの活動を土台に、新しい概念の気づきが得られそう。

昨日の星読みで、「新しいことや、改革する方向には向きません。」って書きました。
ちょっと表現の仕方が悪かったので訂正します。

ここで書いている「新しいことや、改革」は、ぱっと切り替わるとか、奇抜な独自性を出すとか、新たな視点で鋭くスパッと切り込むとか。
「何にもないところから、新たなものを産み出す」という意味です。

そして、「何にもないところから、新たなものを産み出す」ことに向きませんっていう意味で書きました。

今の時期を占星術の観点からもう一度整理してみます。

4月の初めに、火星と土星が重なる「再生のアスペクト」と呼ばれるイベントがありました。
これは、潜在意識の中になんとなく思っていたことが浮上して顕在意識に作用するもので、切り替えていく力の原動力になります。

次に、4/26に火星と冥王星が重なりました。
これは、破壊と再生が加速するというものです。
破壊と再生というのは、「現状」をやりきった上で、基盤から変えていくというもの。
今までの「現状」を土台の1部にして、さら地にするんです。
そのさら地になった地面に、新しい基盤を組み立てていくのです。

だから、潜在意識の中になんとなく思っていたことが浮上して顕在意識に出現する。
そして、今までの「現状」を土台の1部にして、この新しい顕在意識の基盤を組み立てていくという時期なんです。

「何にもないところから、新たなものを産み出す」ということではなくて、今までの現場の概念を土台にするっていうことが 大事なんです。

この日もそんな力が強く働いています。
てんびん座月-おひつじ座天王星180度になっていますので、人との交流を通して新しいものを見つけていくっていう力が出てきます。

人は自分一人では、なかなか客観視できません。
しかし自分自身を客観視できないと自分自身の気づきは得られないのです。
だから、どうしても他者の力が必要になってきます。

例えば、カウンセリングとかコーチングなどで、積極的に気づきを得る活動するのもいいと思います。
カウンセリングやコーチング以外でも、人と話をすることで自分自身が客観視することができます。
だから人との交流を通じて新しいものを発見して行けるのです。

どんどん、客観的な観点に立って今までアンカリングされた自分の概念を変えていくようにするといいと思います。

 

この日も、 自分を変えていける力が強いです。
他者との交流を通じて、 自分を客観視して新たな気づきを得られそうです。

今までの活動が、少しあゆみが遅い、思うように進まない方は、今の活動を土台として考えて、その上に新しい概念を立てていくような考えをするといいと思います。

どんな活動をするか迷っている方は、活動できない今の現状を分析して、新しく活動できる概念を立てるように考えるといいと思います。

 

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
5月、6月の鑑定(セッション)を募集中です。

5月、6月は、社会的な立場や活動を見直して、足場を固めるような流れがあります。
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」

「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」

こんな課題があるお客様。
西洋占星術の知見を使って、未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      7/23(月)未来をつかむ星読みTips-自分を出していこう!-

      この日の夜明けは4時42分。月は、いて座の前半からスタートです。…

    2. アストロデータを活用しよう

      5/3(水)上弦の月(2)ー天命を目指せ!ー

      ただいま四国に来ています。いやー四国は面白いです!海の幸と…

    3. アストロデータを活用しよう

      10/5(土)未来をつかむ星読みTips-誰かと一緒に成果を出そう!-

      星詠みゴール設定グループ体験会募集中です。残席あとわずかです!お早…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP