2/5(月)感情と欲望の星読み-気持ちリニューアルして、目的をみつけよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

昨日は、みけ師匠の講座説明会に参加してきました。

みけ師匠の講座を体験して、日頃から思っていることをお話してきました!
また、ノンストップで、プチセッション30分×4名の貴重な体験をさせていただきました。

さらに、夜からは島添魔女からの、濃~いワークも体験。
これもすんごい面白かったです。
シークレットなので、レポできないのが残念です(^^;。

濃い1日だったので、ヘロッヘロっす。 

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

さて、星読みです。

この日の月は、てんびん座の真ん中位からスタートです。 
朝からみずがめ座の太陽-しし座ヘッド-てんびん座月のコンプロマイズになります。

午後になると、やぎ座冥王星を頂点とした、おひつじ座天王星-てんびん座月のTスクウエアを形成します。

次に、夕方17時ごろ、てんびん座月-おひつじ座天王星180度-みずがめ座金星のコンプロマイズになります。

 

いま、自分がやろうとしているものは、人生の課題めいたものがあるかもしれません。
そして、その課題をつうじて、「どう生きていくか」というテーマを考えるようなシーンが出てきそうです。
別の表現をすると「天命」というやつです。

いろいろ試させるようなことがあって、考える機会を与えられそうなのですが、それら1つ1つに、いちいち反応していると、全体が見えなくなります。

「起きていることは全て正しい」とか、現実は自分の想いで創られているというように、ビックリするような事象が発生しても、それは、自分が変革を起こしたくて、その事象を作っていると考えてもいいです。

ですから、何かビックリするようなことが起きても、すぐに反応しないで、「これはどんな理由で創られたのだろう」と考えてみるといいです。

もしかすると、ビックリするような大きな出来事ではないかもしれません。

だけど「あれ?いつもと違う」と感じたモノがあったら、それも同じく「これはどんな理由で創られたのだろう」と考えてみるといいでしょう。

 

そして、選択に迷うことがあったら「自分の好きなこと」を選ぶこと。
論理的思考は必要ありません。
それは「好きなのかどうか」という基準だけでいいです。

 

 

どんな事業や起業でも、自分のやりたいこと、わくわくすることをやりなさいといいますが、この日の傾向は、それと一緒のことをいっています。

この日は、出来事をつうじて、気持ちのリニューアル的な改革がおきそうです。
それによって自分が本来やりたいと思うことが明確になったり、指針がたつ傾向があります。
迷ったら、「自分の好きなこと」を選択したほうがいいです。

繰り返しになりますが、論理的な思考はいらないですね。

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

 

○感情と欲望の星読みとは

月は感情を表し、金星が欲望を表します。
この2つの天体は、我々の素の部分。
行動力の源泉です。
毎日、この2天体の星を読んでいきます。
日々の生活の参考にしていただけたらと思います。

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      4/7(土) 未来をつかむ星読みTips-課題解決にはチャンス-

      自分がずっと泳げませんでした。 生まれて初めて25m 泳げるようにな…

    2. アストロデータを活用しよう

      7/6(金)未来をつかむ星読みTips-じっけん実験またジッケン!-

      この日の夜明けは4時31分。月は、おひつじ座の前半からスタートで…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    2018年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728 

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP