星の左回りと右回り

 

「ホロスコープって左回りなのですね?」

そんな質問を先日いただきました。

たろ「はい、左回りです。」
質問者「なんで時計回りと逆なの?」
たろ「うっ・・・」
質問者「けっ。知らんのか。」

日々成長させていただいております(^^;。

確認致しました。
ホロスコープが左回りになる説明です。

 

 

 

中学理科で「黄道」を習いましたよね。
忘れちゃいました?

ご説明致します。

地球は太陽の周りを回っています。
これを「公転」といいます。
これが左回りなんです。

「黄道」とは、地球から見た太陽が動く円軌道です。

 

 

 

地球の公転軌道の後ろには星座が見えます。
牡羊座~魚座の12星座です。

地球から見る太陽も同じ。
太陽の動きの後ろに12星座が見えます。

これが「黄道12星座」です。

 

 

 

例えば、地球が天秤座側にいる時期。
地球からみた太陽は牡羊座にいます。

地球は左回りに公転しています。
ホロスコープは地球を中心にした図です。
だから、天体は左回りになるのです。

 

ちなみに、ホロスコープの太陽の位置。
その太陽の180度対抗は、地球の位置です。

 

 

 

このホロスコープは、太陽が乙女座です。
本当は、地球が180度対抗の魚座側にいるのです。
おもしろいですよね!

 

 

 

では、「何で左回りなのか」?
これ、調べたのですが、偶然らしいです。

そして、公転と自転は同じ方向に回転するそうです。

地球の自転も左回りです。

太陽系では、金星だけが右回りです。
これは、他の天体との衝突が原因。
それにより自転が逆になったのではないかと、wikiに掲載されています。

これがホロスコープの左回りです。
明日は右回りについてです!

 

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

 

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      5/24(水) 未来をつかむ星読みTips-課題に取り組もう!-

      風景写真をネコまっしぐらに撮影していた時期がありました。 けっこう楽…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP