2017/7/23(日)新月【その2】-しなやかに組織に貢献する時期-

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

さて、7/23の新月の星読みを2回に分けて読んでいきます。

今回は、世相を反映する天体の星読みです。

 

 

 

 

「組織のひとりひとりが自分の役割を果たす」ことを振り返る時期

冥王星は、前回と同じ山羊座17度に滞在しています

アスペクトも、
・山羊座冥王星-天秤座木星90度(青天線④)

・山羊座冥王星-魚座海王星60度(ピンク実線⑤)

と、変化がありません。

 

つまり冥王星が地球に伝える力は、前回と同じなのです。

 

前回も書きましたが、

「社会的集団の役に立つために、自分を規制していく」ために、「組織のひとりひとりが自分の役割を果たす」のです。

逆行しているので、以前のやり残したことを解決する時期です。

山羊座冥王星17度は、2017年1月3日~2月1日に冥王星がこの度数を運行したので、そのときにやり残した、「社会的集団の役に立つための自分の役割」があれば、その課題を解決するチャンスです。

 

 

 

仕事や人間関係の課題には、ガチンコ対決を避けよう

海王星は山羊座14度から13度の地点に移動しました。

サビアンシンボルは、

魚座14度「キツネ皮をまとった女性」『A lady in fox fur.』

です。

魚座は意識の世界の物語です。

 

この14度では、自分をストレートに出さず「キツネ」のように、ある意味狡猾的に相手をコントロールするという度数です。

組織や人間関係でソリが合わないときがあります。

そんなときガチンコ対決するのもいいのですが、場合によっては、全く上手く行かない時期があります。

その場合、周囲をみて場の流れを利用しながら、上手に動いていくことも必要です。

狡猾的というと聞こえは悪いのですが、必要な時もあるのです。

この海王星が山羊座の13度を順行で運行していた時期は、2017年4月7日~5月16日でした。

この時期に、上記のようなシーンがあって、やり残したことはありませんでしたか?

この度数を逆行している8/30まで、やり残した課題に取り組むチャンスです。

 

 

 

知的自己表現のオリジナル力を応援している

天王星は水瓶座の支配星です。

水瓶座は、現実の世界より一つ抽象度を上げた目線で世の中をみています。

派閥や組織といった現実の世界にある枠組みを取り外して、全世界を1つのものと見ています。

その水瓶座の支配星である天王星も同じです。現実の世界にいる我々からみると、現実の世界を破る改革の力を持っています。

その牡羊座天王星が、獅子座ヘッド水星と120度になりました(緑点線⑥)

天王星は、水星と親和性が高く、天王星が発信したものを感度よく水星が拾うのです。

つまり牡羊座天王星の改革の力は、獅子座水星の「知的方法で自己表現活動をしていく」という表現活動に対して、新しいオリジナルな力を与えています。

 

このような世相がある新月。

次回は、新月のテーマである太陽と月を中心に読んでいきます。

 

 

 

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      ちょっと未来の星読み-2017年2月19日(日)下弦の月-

      次のステージへデザインしよう魚座の太陽と乙女座の月…

    2. アストロデータを活用しよう

      4/19(木) 未来をつかむ星読みTips-工夫しよう!-

      昨日は仕事仲間でもあり、プライベートでも仲良くしている友人と、久しぶり…

    3. アストロデータを活用しよう

      5/3(水)上弦の月(2)ー天命を目指せ!ー

      ただいま四国に来ています。いやー四国は面白いです!海の幸と…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    2017年7月
    « 6月 8月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31 

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP