未来から選ばれる働き方

神田さんの新刊本を読みました。

この本は、今までのような終身雇用の会社では生き残れないと言っています。

時代が大きく変革していますので、新しい仕事の仕方を創造することが大事なのです。
 
 

創造するためには

神田さんは、「暗闇に飛び込み、自分で光りを見い出し、声を上げ、仲間を見つけ、新しい世界を創る勇気」が必要だと、言っています。

そして、その為には、

1.思考と感情

・ホンネと建前

2.個人と社会

・個人がやろうとしていることと会社組織がやろうとしていること

3.意図と行動(振る舞い)

・リーダの意図と実際の行動

この3つを一致させることが大切だと教えてくれています。
 
 

思考と感情

自分はこの中でも、特に思考と感情が大切だと考えています。

思考と感情を合わせるためには、自分の感情に目を向けることです。

同じ事象でも、感情によって捉え方が全く違うからです。

ネガティブな時は、ネガティブに受け取り、ポジティブの時は、ポジティブに受け取ってしまいます。

だから、感情の元となっている、自分劣等感やトラウマを手放し、自己肯定感を高くすることが大事なんだと思っています。

毎日瞑想をするようにしているのですが、自分の感情に目を向けるのに、とても有効だと感じています。
 
 

マザーテレサの言葉

マザーテレサの言葉にこのような言葉があります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

このマザーテレサの言葉の前に、

感情に気をつけなさい、それはいつか思考になるから。

という一文を付け加えたいです。

感情に気をつけなさい、それはいつか思考になるから。
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

自分の感情に逃げないと、運命がかわる。

この本と同じことを言っていますね。
  
   

未来は想像しながら、創造していく

この本の最後には、このような文章があります

『未来に「明るい」も「暗い」もありません。未来は未来なのですから。』

未来は、自分の望むどおりになります。

大切なのは、行動するかしないかだけです。

未来を想像する。

「暗闇に飛び込み、自分で光りを見い出し、声を上げ、仲間を見つけ、新しい世界を創る勇気」を持って、Baby stepという小さいことから行動し続ける。

そうして、未来を創造していくのですね。

    関連記事

    1. 書籍

      レゾナンス・リーディング書籍化!

      あああ、ついに5/30発刊です!レゾナンス・リーディング!…

    2. 書籍

      才能を伸ばすシンプルな本

      西洋占星学の道は、奥が深くゴールが…

    3. アストロデータを活用しよう

      今日は自分デー(いつもか?)

      セッション申し込みフォームを作りました!夢を現実に…

    4. 書籍

      世界史と西洋占星術を読む!byレゾナンスリーディング

      今週は夏休み期間。いろいろやることをこなしているの…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    2016年4月
    « 3月 5月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP