1/27(日)未来をつかむ星読みTips-マクロ的視点を持とう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


友だち追加

 
 

今日のTips!
○行動力やアイデア力が湧き出る日!
新しいコトの挑戦や、今を改善していこう。
○家族や家族のような近しい仲間と一緒に行動するのがオススメ。
○「マクロ的視点」を持とう!全体の流れをつかめれば、次の行動が考えられる!

 

 

 

この日の夜明けは、6時45分。
月は、てんびん座の後半からスタートです。
16時30分ころ、さそり座に入ります。

月は、火星、冥王星とTスクエア、火星、木星金星とコンプロマイズ。
そして、月、天王星、ヘッドでもTスクエアです。

この日は、動けー!改革しろーーー!と言っています。
連日同じようなことを書いていますが、自分の改革、改造にこの日も拍車がかかります。
火星、天王星が月をターゲットにしているので、行動力も上がるはず。

興味のあることを、理想を掲げて行動していきましょう。
単独の行動でもいいですけど、できればかに座のヘッドを意識したいです。
つまり、家族や家族のような近しい仲間と一緒に行動するんです。

仲間と一緒に楽しんで、わっと盛り上がりながら、新しいコトにチャレンジするといいでしょう。
普段、気づけないことに気がつく可能性が高いです。

アイデア力があります。
新しいコトにチャレンジするだけでなく、今のやり方を、もっとより良いやり方に改善や工夫することでもいいでしょう。

太陽と水星は、みずがめ座の最初の度数で重なっています。
そして、みずがめ座をホームグラウンドにしている天王星と90度です。
みずがめ座天王星の力が強く働きます。

上記に書いた、改造や改革をするために、みずがめ座らしく「1つ上の視点をもつ」ようにするといいと思います。
細かいミクロ的視点ではなくて、「マクロ的視点」。
苫米地博士の言い方だと、「抽象度が高い視点」というものです。

物事を「線」や「面」で見るマクロの視点、つまりさまざまな事象を大きな流れの中に置いて、全体を俯瞰する高い視点からとらえてみる。
すると、それがいたずらに楽観的でなく、かといって悲観的でもない、冷静で客観的な事実認識であることがわかってもらえるはずです。

「法則」船井幸雄(著)サンマーク出版

マクロ的視点を持つと、大きな流れを知ることが判ると著者は言っています。

この日は、行動力やアイデア力があります。
新しいコトに挑戦したり、今取り組んでいることを改善していくようなことをするといいでしょう。
できれば、家族や家族のような仲間と一緒に行動するコトをオススメします。

改造や改革は、まだまだ進みます。
「マクロ的視点」で、全体を俯瞰するようにしてみましょう。
客観的に全体を捕らえることで、流れが判りどう行動していけばいいか判りやすくなりますよ!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

私たちは、宇宙の影響を受けて生きています。
『未来をつかむ星読みTips』は、毎日変化する天体の位置から、地球に影響する力を読み解いています。
西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
2月の鑑定(セッション)を募集中です。


「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを感じているのなら、
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

もっと西洋占星術の世界を知ってもらいたくて、LINE@はじめました!
星の観点からみた、お役立ち情報なども発信していきます。


友だち追加

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      9/17(金)は満月です

      9/17(金)は、満月です。新月に行動計画を立てた目標が成就…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP