6/7(木)【下弦の月】 未来をつかむ星読みTips-内面探索しよう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

このサイトを書いてる人は、女性じゃないか!?
なんて、話もありまして。
少しでも人間らしい雰囲気を出そうと、プロフィール写真変えました。

太陽は外せないです。
アイコンやプロフ写真って、いつも目に付きます。
だったら、朝日を見て太陽エネルギーを取り入れて欲しいと思って、太陽にしてます。
これ、実際に自分で撮ってきた東京湾の朝日なんです。

いろいろ編集してアイコン写真たんですが、一番イイ!っていうアイコン写真でもありません(^^;。
ちと、試行錯誤して変えていこうと思っています。

さて、星読みです。

 

この日の夜明けは4時25分。
月は、うお座のまん中からスタートです。
  
うお座の月と、ふたご座の太陽が270度になる下弦の月ですね。

この日の気分は、前日と同じくイメージ力や感受性が豊かです。
その力は前日よりも強いです。

ベクトルが潜在意識や内面探索といったことに向いています。
そして、そこの力が強くなってきています。
イメージ力や感受性が思いっきり広がりそうです。

昨日もお伝えしましたが、自分がこの社会の中で何をやりたいのか、どんな願望持ってるのか、そういうことを掘り出してみることがこの日も大事になってきそうです。
その欲望は、ドロドロでもOKです。
自分に正直になることですね。

自分の 欲望とやりたいことのベクトルを合わせるっていうことは、 起業したり会社の中でも仕事をする上で一番大事ですよね。
この欲望とやりたいことのベクトルを合わせるっていうことは、今まで経験してきたことを踏み台や土台のようにして、さらに上に行くような力なんです。

言動はキレがあります。
しかし、にも、受け入れられる気持ちがあります。
鋭く指摘しても、相手の気持ちをくみ取ると、指摘を貫き通せないってって感じも出てくるかもしれません。

そして、ドラゴンヘッド-土星が150度とピッタリになってるんです。
ダイレクトに天命に結びつく活動ではないのですが、1ステップ1ステップ階段のように上がっていく力が働いています。

そしてドラゴンヘッドに対して火星は180度なんです。
やっぱり試行錯誤して行動した方がいいです。

このような天体の力があります。
今までの自分から、少し上の自分に行くように、バージョンアップしていくみたいなイメージを持って行った方がいいと思います。

例えば、去年の今と比べた時に、「今の方が去年より新しいことをやってるよっ」ていう感じがいいと思います。

良い結果だったりしても、悪い結果だったりしても、今までの経験っていうのは自分自身しか感じられない貴重な財産です。
そこを土台にして次に進んでいく。
PDCAみたいに少しずつ改善していくんですね。
それがバージョンアップするポイントかなって思ってます。

この日は、 内面探索的な日です。
未来に活動していくために、しっかりと自分の気持ちを確かめていく。
こんなことをこの日にやっていうといいと思います。
行動力もあるので未来のための下準備は、やりやすいです。
ダイレクトに何かを狙うということではなくてひとつひとつ外堀を埋めていくように準備していく感覚が大事ですよ!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
6月、7月の鑑定(セッション)を募集中です。

6月、7月は、社会的な立場や活動を見直して、足場を固め、自分のやりたいことを見つけていく。
そんな流れがあります。
「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを考えている方。
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしていきませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      西洋占星術のワークショップ開催

      ここにも書きましたが、先日の日曜日、1/22に西洋占星…

    2. アストロデータを活用しよう

      ちょっと未来の星読み-2016年10月9日(日)上弦の月-

      天体と天「気」の状態・10/9(日)13:32頃に上弦の月と…

    3. アストロデータを活用しよう

      9/28(金)未来をつかむ星読みTips-砂の中からダイアを見つけよう!-

      今日のまとめ!○社交性が高め!○今取り組んでいるコトの先に何が…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP