5/19(土)未来をつかむ星読みTips-仲間のために行動できる日-

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

この日の夜明けは4時33分。
月は、かに座のまん中からスタートです。

夜明けの時点のチャート図では、月-土星-水星のコンプロマイズ(直角三角形)が形成されているのと、海王星-月-木星の水のグランドトライン( 正三角形)が形成されています。

この状態から、月-土星180度があら、月-冥王星の180度へと変化して、水のグランドトラインから、カイト型へと変化していきます。
金星もかに座に移動します。

受容力が、思いっきり全開で開きっぱなし!
それがかに座の月に集中するんですわ。
なんか周りの仲間のために、いろんなことを受け入れてしまう。
そこに冥王星が、外からこじ開けるような力で、何とかしろーと言ってくる。

この日、仲間のために利他の精神の力を発揮して、 何か役に立つようなことをするといいのかもしれません。

その受容力は半端ないと思います。
かなり他者に対して深く共感することもできるし、どこまでも寄り添うこともできる力があります。
愛情持ってそこに寄り添えるんです。

このカイト型を作りながらも、太陽-火星-キロンの小三角は健在です。
利他の精神で動けば、火星が刺激を受けます。
自分の目標に対しての気づきに繋がるんじゃないかと思うんです。

ただ反面、受容力が高すぎて、このかに座の月が過敏過ぎちゃうかもしれません。
かに座の月はホームグラウンドですから。

過敏すぎると、その高い受容力に自分の内面が参ってしまうんです。
しかも冥王星が、180度対抗で照準を合わせているんです。
かなりエネルギーが強いと思います。

もし具合が悪くなったら、これはあんまり無理して休んだ方がいいです。
ハードアスペクトがないので、それほどキツくないんじゃないかと思うんですけど。

この日は、利他の精神を発揮して自分の身近な仲間に寄り添ってみるといいかもしれません。
深く寄り添うことができるので、仲間との深耕や絆が深まると思います。
そして利他の活動を通して、自分の目標の気づきが得られるかもしれません。
しかし、もし体調が悪くなったしたら、人のことよりまず自分。
しっかり休んでください!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
6月の鑑定(セッション)を募集中です。

6月は、社会的な立場や活動を見直して、足場を固めるような流れがあります。
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」

「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」

こんな課題があるお客様。
西洋占星術の知見を使って、未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      2/25(日)未来をつかむ星読みTipisー春に向けて種まきしよう!ー

      この日は、春からのやりたいことを少しずつ仕込んでいく日。種まきしま…

    2. アストロデータを活用しよう

      4/27(月)未来をつかむ星読みTips-学びやクリエイティブ活動をしよう!-

      今日は松村潔先生のオンラインの講座に出席して久しぶりに松村先生から…

    3. アストロデータを活用しよう

      3/20(月)天王星が魚座23度へ移動 -「直感」を信じて動こう-

      地球に対して、とても大きな影響を与えるトランスサタニアン天体(天王星、…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP