2/7(水)感情と欲望の星読み-欲望に正直になろう!-

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

明日2/8(木)0時53分に下弦の月になります。 
夜明けまでを1日のサイクルだとすると、下弦の月は2/7(水)のサイクルに入ります。

と、いうことで、下弦の月として星読みいたします。

 

 

 

この日の月は、夜明けの時点で、さそり座のはじめの度数からスタートです。

みずがめ座太陽-さそり座月(90度、ここが下弦の月)-しし座ヘッドのTスクエアが形成されています。
他にも月は、みずがめ座金星とも90度になっています。
さらに木星とも重なっています。

 

月-金星90度は、金星の持つ欲望系が強めに働きそうです。
欲望が強すぎて、感情との折り合いがつかない場合が多いのですが、月が木星と重なっているため、感情を木星が保護してくれます。
ですので、感情と欲望の折り合いがつかない程にはならないと思います。

が、欲望系は強いですよ!

この日は、金星-天王星が60度ピッタリの度数をとります。
金星の欲望系に独自のセンスが加味できる力をもっています。

みずがめ座金星-おひつじ座天王星のコンビなので、欲望は、ドロドロギラギラしたものではなく、どちらかというとクール(英語表記で「COOL!」とかいうやつです)なものになりそうです。
おひつじ座の情熱がそこに加わる感じです。

この欲望系が、われわれの内面に刺激をあたえて探求することにつながります。

 

例えば、

お金持ちになりたい!って願望があったとしても、それを目をギラギラさせて成り上がりになるのではく、最短でお金持ちになる方法を冷静に考えるのです。

そして、「お金持ち」は自分の内面にとってブロックになっているかどうか、わくわくするかどうかを探求するのです。
そのプロセスをつうじて、自分がこれからめざずもの、やりたい目標が決まっていきます。

さらに、太陽の隣に水星がいます。
太陽と水星はヘッドに180度の角度をとっているのです。

水星は知識や知性を表します。
やりたいことに対して、ロジカルにアプローチしたほうがやりやすいと思います。

そして、天命にもつながっていくのです

もうひとつ。
自分の場合の事例ですが、先日、みけ師匠の講座説明会でプチセッションをしてきました。 
初めて30分という短いセッションを体験して、正直にいうとアタフタでした。

セッションで30分は短い(^^;。

でも、お客様から「元気がでました」とか「○○でよかったです!」といっていただけて、とても嬉しかったです。
そうすると、自分の金星ちゃんが、ムクムクとツノを出すんです(笑)。
もっとスキルを上げて、多くの人に「未来を引き寄せる」西洋占星術師になりたい!

ガッツや根性でスキルはあがりません。
だから効率的かつ底上げできるスキルアップの方向をさがします
底上げというのは、自分の内面と合致させてバージョンアップしていく感じです。

ここが、月の探求なんです。

 

金星はみずがめ座25度まで進み、太陽と離れてきました。
ずっと続いていた、欲望が人生の目的と強く連動しやすい時期は、直近だと、この日くらいまでかもです。

 

自分自身の思いクセ、アンカリングを外すと楽になります。
可能性は無限に広がっています。

まずは自分の欲望から!
どんな欲望があるか自分に聞いてみてください!

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

 

○感情と欲望の星読みとは

月は感情を表し、金星が欲望を表します。
この2つの天体は、我々の素の部分。
行動力の源泉です。
毎日、この2天体の星を読んでいきます。
日々の生活の参考にしていただけたらと思います。

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      サビアンシンボルのボス対決とは?(続き)

      前回のサビアンシンボルの続きです。今回は、天秤…

    2. アストロデータを活用しよう

      6/14(木)【新月】未来をつかむ星読みTips-羅針盤をつくろう!-

      はい!新月です!この新月は、ふたご座の22度で、太陽と月が重…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    2018年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728 

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP