2/6(火)感情と欲望の星読み-午後からコシを据えて取り組もう-

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

この日の月は、夜明けの時点でてんびん座の終わりの度数からスタートです。 
13時少し前に、さそり座に入ります。

午前中は、前日のてんびん座月-おひつじ座天王星-みずがめ座金星のコンプロマイズの影響が少し残っていますが余韻程度。
月に対する影響は、やぎ座土星の60度が中心です。

そして、21時近くに月は水瓶座の水星と90度になります。

 

 

この日の午前中は、会議や打ち合わせなどの人とのやりとりが多そうです。
自分の好奇心的なものもあるので、気分的には悪くないのですが、少しだけバタつく傾向があるかもしれません。

しかし、午後になると落ち着いてきます。
自分が関与していることを、あれもこれもやらずに、一つ一つ集中して、取り組むと成果が出やすくなります。

ですから、1日の行動計画を立てるならば、午後にコシを落ち着けて取り組むようにスケジュールするとよさそうです。

夜は、集中力は残っていますが、だんだん神経が過敏になっていく傾向があります。

この日は、午後から定時-夕方くらいまでをコアタイムとするほうがいいですね。

 

 

 

さて、太陽がみずがめ座の後半を運行しはじめています。
180度対向のしし座の資質を取り入れているのですね。

これは、未来を意識しながら何らかの自己表現をする力があります。

今、少しだけいつもと違うようなことや実験的なこと、このことで活動しているものがあったら、そこに意識を向けるといいです。
あれもこれもと手びろい感じではないです。

「活動」と書きましたが、そんなに大きな活動でなくてもいいです。
わずかな自己主張や、いつもより変化して能動的なもの、そういうものでもいいです。

ちょっと意識してみましょう。

今の時期は、少し先の未来をシミュレーションする力があるので、そのような活動が、自分の未来の実験をしている場合があるのです。
もちろん、自分から能動的に実験するとなお◎です。

 

今は、2018年春からの未来を創っています。
未来の設計図を実験してるような感じなんですね。
そういった目線で、自分の活動に目を向けていくとやっていこうとしていく方向性に気がつきます。

また、能動的に未来に対して実験するような活動をドンドンしていきましょう!

 

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

 

○感情と欲望の星読みとは

月は感情を表し、金星が欲望を表します。
この2つの天体は、我々の素の部分。
行動力の源泉です。
毎日、この2天体の星を読んでいきます。
日々の生活の参考にしていただけたらと思います。

 

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      ちょっと未来の星読み-2017年6月9日(金)満月-

      人との交流で多方面の情報をイン-アウトしよう!双子…

    2. アストロデータを活用しよう

      ちょっと未来の星読み-2017年4月11日(火)満月-

      マスターコース説明会開催まで、告知をトップ掲載致します…

    3. アストロデータを活用しよう

      2/17(土)未来をつかむ星読みTips-感情の海に流されてみよう!-

      今日は、記事を2つ書きました。この星読みとは別に、新月からの上弦、…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    2018年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728 

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP