6/21(水)夏至-3ヶ月間の国の傾向-

 

遅くなりました(^^;。

6/21(水)は、夏至です。

夏至は、二十四節気の意味もありますが、西洋占星術的には、太陽が蟹座に入る日で結構重要なのです。

その国の1年間の傾向を見るのは、春分の日のホロスコープで判断します。

そして、春分の日のホロスコープが一年のベースとなり、その中で、夏至、秋分、冬至と3ヶ月ごとの世の中の流れを読むのです。

今回の夏至の星読みは、9月の秋分までの傾向を表しているのです。

では、今回の夏至の四季図から秋分までのポイントをご説明します。
 

   

 

国の動向

国-政府の動向は、太陽の状態を読みます。

○星のデータ

・蟹座9ハウス。双子座29度の水星とコンジャンクション
・射手座3ハウス土星-蟹座9ハウス太陽双子座水星を軸にした、 獅子座11ハウスヘッド-牡羊座7ハウス天王星とカイト型

太陽が政府の象徴です。

そして、太陽と、隣合っているのは水星は、水星は情報を表します。

 

このカイト型は、射手座3ハウス土星-蟹座9ハウス太陽双子座水星が軸です。

つまり、土星が表す憲法や法律、また国土、領土といった課題に対して政府や情報というものがターゲットになっています。

そして、そのカイト型を作っているのは、ヘッド、天王星です。

ヘッドは、国家の運命的な出来事(^^;。

天王星は、突発的な事象や改革。

 

 

 

カイト型の意味をそのまんま直訳すると、

・土星が表す憲法や法律、また国土、領土といった課題を政府が何らかの対応をする傾向がある。

・政府の武器は情報、情報操作かもしれない。

・そして、それは国家の運命的な出来事や改革を伴って対応していく。

と、なります。

 

憲法改正、領土問題と思い当たる課題が、いくつもありますよね。

星の配置もそれを示しています。

これらにフォーカスが当たるのでしょう。

あの、世の中の流れとして「当たり前だろう」と思われるかもしれませんが、創作しておりません。

西洋占星術のリーディングで読むとこうなるのです。

世の中の流れと星の意味合いが一致しているって、すごいと思いませんか?

いや、当たり前なんですけど、、、やっぱりすごいです。

 

あと、今年は3ハウスの終わりと4ハウスに冥王星が行き来しているんです。

何か、土地とか国土的な問題や課題が浮き彫りになりそうに思えます。

 

 

 

 

 

国民の意識

月の状態をみます。

月は、牡牛座8ハウスにあり、金星と隣合っています。

そして、山羊座冥王星3、4ハウス-牡牛座月8ハウス金星7ハウス-魚座海王星5ハウスと小三角(二等辺三角形)です。

 

7ハウスは外交、8ハウスは外交で生じた経済を表します。

月と金星だけをみると、海外との交流が盛んになり沢山お金を使ったり(笑)、また稼ぐ方も出てくるのでしょう。

また、外部からの力もなんらかの影響がありそうです。

グローバルな感覚がさらに大きくなるのでしょうか?

最近、日本でも外国人が多いと感じるようになりましたね。

御徒町では、道を歩いていると外国語ばかりで、日本語が聞こえないときがあります(笑)。

3ヶ月の傾向はこんな感じです。

こんな時間ですが、、、、

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!・・・(爆)

    関連記事

    1. アストロデータを活用しよう

      4/24(水)未来をつかむ星読みTips-衝動的な力を活用しちゃえ!-

      先日は、1日セッションでした。セッション受けていただいたお客様には、…

    2. アストロデータを活用しよう

      11/9(金)未来をつかむ星読みTips-あれもこれも手をつけない-

      今日のTips!○大切じゃないものに、猫まっしぐらになりそう。う…

    3. アストロデータを活用しよう

      11/16(金)未来をつかむ星読みTips-気分一新!-

      毎日、LINE@の告知でごめんなさい!今週から告知していますLIN…

    セッション(鑑定)のご案内

    カレンダー

    2017年6月
    « 5月 7月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930 

    RSS

    follow us in feedly

    PAGE TOP