8/7(火)【立秋】未来をつかむ星読みTips-常識よさらば!妄想ようこそ!-

この記事は約 2 分で読めます

この日の夜明けは、4時53分。
月は、ふたご座の前半からスタートです。
この日は立秋です。 
立秋とは、文字通り秋が立つ。秋の始まりです。
この猛暑も少し落ち着いてくれるといいですけどね。

立秋のような二十四節気も載っている、星活用カレンダーがあります。
Googleカレンダーに簡単にインポートできますので、活用してください~!

この立秋なんですが、西洋占星術では、しし座の太陽が半分の15度の位置に移動する日なんです。
ホロスコープでは、黄道12星座を使って360度の円を描きます。
だから、1星座30度なんです。
その半分の15度をすぎると、180度対抗の星座の資質が入ってくるんです。

しし座の15度から、180度対抗のやぎ座です。
このやぎ座の資質が入ってきます。
今まで自由に主張していきたかったしし座。
この日から、やぎ座の社会性をいう意識をもちながら主張していくことを考えるんです。
これからしばらくは、この傾向が続きます。

さて、この日のチャート図をみていくと(表示してないけど(^^;)、この日月海王星90度、午前中に月、木星150度です。
しかも、その月は、しし座太陽と60度を取ります。
さらに!水星は冥王星と150度。

思いのたけをわーーーってしゃべりたい気持ちはあるんだけど、内容はしっちゃかめっちゃかみたいな。
イメージや妄想がドワワワワって押し寄せて、何をどう論理だてていいのかわからない状態になりやすいんです。

これ、一見ダメダメな感じにもみえるんですが、破壊的イノベーションにはピッタリなんです!
だって、今までない常識外れの発想が必要なんですから。
既存の論理構造なんていらんのです。

よく発想するときに、
付箋紙に言葉をブレストして、あとから自由に組み合わせて発想を得る。
こんなやり方があるじゃないですか。
これって、偶然的な組み合わせから、新しい発見を得る方法なんですが、こんなことをやるのに向いています。

なので、この日は、あんまりロジックが必要な説明や会話には向いてません
システムエンジニアみたいな人が、技術の裏付けを説明するようなことは、できるなら避けたほうがいいかも。

むしろ、エネルギッシュな営業さんが、ハチャメチャだけど想いのたけをお客様にお話するとか。
上に書いたように、社内やチームでブレストしながら新しい発見をするのに向いています
でも、チームワークではないですよ(^^;。
たぶん、みんな好き勝手にしゃべるから。

もちろん、独りブレストするのもOKです!
イメージのまま、付箋紙に言葉をドンドン書いて、新しい発想のヒントをつかんでください!

常識よさらば!
妄想よ、ようこそ!
どんなときでも、未来は妄想からつくられる、です!!!

今日のまとめ!
○イメージや妄想力がひろがる日。
○妄想力を思いっきり使って可能性を探れる。
 破壊的なイノベーションも考えられる。
○ロジカルな説明は、できるだけ避けた方がいいかも。

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

私たちは、宇宙の影響を受けて生きています。
『未来をつかむ星読みTips』は、毎日変化する天体の位置から、地球に影響する力を読み解いています。
西洋占星術の鑑定(セッション)のご案内
8月の鑑定(セッション)を募集中です。

8月は、自分の内面の探求から、外に向かって表現活動をしていく時期。
社会的な立場や活動を見直して修正をかけていく流れもあります。

「自分の強みを知りたい。」
「今の活動はこれで良いのか?確認したい。」
「岐路に立っている様な気がする。」
「今年、来年の人生の指針や戦略を立てていきたい。」
こんなことを感じているのなら、
西洋占星術の知見を使って、一緒に未来をデザインしてみませんか?

 
お申し込みはこちらから!

「『おかちまち たろ』って誰?なに?」って方は、こちらから!

 

関連記事

  1. アストロデータを活用しよう

    2/13(火)感情と欲望の星読み-未来に向かって進め!-

    この日の月は、やぎ座の後半からスタートです。日付が変わり2/14の…

  2. アストロデータを活用しよう

    2/21(水)未来をつかむ明日の星読み-未来の喜びは大きく、未来への第一歩は小さく-

    この日の月は、おうし座の最初の度数からスタートです 1日の特徴とし…

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

セッション(鑑定)のご案内

RSS

follow us in feedly

PAGE TOP