2017/7/31(月)上弦の月【その1】-お空の状態-

この記事は 51秒で読めます

はい、7/31(月)は上弦の月です。

上弦の月は、新月で立てた目標の課題が浮き彫りになるとき。

今回の獅子座の上弦の月は、どんな課題が浮き彫りになるでしょうか?

豊かな未来を引き寄せるために、星の力を使って下さい!

 

それでは、いつものように新月から変化した星の状態を整理します。

 

 

 

西洋占星術用語

・アスペクト:天体どおしの角度

・コンプロマイズ:3つ以上の天体から形成される直角三角形

・Tスクエア:3つ以上の天体から形成される直角二等辺三角形

・グランドトライン:正三角形。天体の位置により火、風、水、土の属性(元素)を持つ

・カイト型:4つ以上の天体から形成される凧のような四角形

・ダイヤモンド型:コンプロマイズの長辺が重なり、角が2つ出ているような形

 

 

 

各天体の状態

月、太陽、火星の状態

・月は、月が獅子座0度から97度進み、蠍座7度の地点に移動。

・太陽は、獅子座0度から7度進み、獅子座7度の地点に移動。

・火星は、獅子座1度から5度進み、獅子座6度の地点に移動。

・太陽が火星を1度追い抜きました。でも相変わらず太陽、火星が隣合ってます(①)。【変化点】

・蠍座月-獅子座火星90度(赤実線②)【変化点】

・蠍座月-獅子座ヘッド60度(赤点線③)【変化点】

 

冥王星の状態

・冥王星は山羊座17度の地点に滞在【前回より変更なし】

・山羊座冥王星-天秤座木星90度(青天線④)【前回より変更なし】

・山羊座冥王星-魚座海王星60度(ピンク実線⑤)【前回より変更なし】

 

海王星の状態

・海王星は山羊座13度の地点に滞在【前回より変更なし】

 

天王星の状態

・天王星は、牡羊座28度の地点に滞在。【前回より変更なし】

・牡羊座天王星-獅子座ヘッド-双子座金星小三角(緑点線⑥)【変化点】

 

土星の状態

・土星は、射手座22度から21度に移動(逆行中)【変化点】

・射手座土星-獅子座ヘッド120度(茶色実線⑦)【前回より変更なし】

・射手座土星-天秤座木星60度(茶色点線⑧)【変化点】

 

木星の状態

・木星は、天秤座15度から16度の地点に移動【変化点】

・天秤座木星-双子座金星120度(橙色実線⑧)。【前回より変更なし】

 

金星の状態

・金星は、双子座20度から双子座28度へ8度移動。

・双子座金星-乙女座水星60度(橙色実線⑨)【変化点】

・双子座金星ー魚座キロン90度(橙色点線⑩)【変化点】

 

水星の状態

・水星は、獅子座26度から乙女座4度へ8度移動。

 

 

 

星の特徴

今回は、先月ほどの激しい変化点はないようですね。

太陽が火星を1度追い抜いたことと、太陽、火星が隣合っている(①)ことが、目立ちます。

その他、

・牡羊座天王星-獅子座ヘッド-双子座金星小三角(緑点線⑥)

・射手座土星-天秤座木星60度(茶色点線⑧)

が目につきます。

葛藤や、心身に突きつけられるようなアスペクトがなく、活動しやすい時期という印象がある図です。

 

 

 

太陽と火星のサビアンからみる上弦の月

さて、今回は、上弦~満月の間に移動する、太陽と火星のサビアン度数についてです。

サビアンシンボルの象徴は、一つの星座に30個あります。

その30個の象徴は、物語になっているのです。

その物語は、神話に出てくるような冒険の旅として、理解することができます。

この物語は、下記のように5度ずつグルーピングされて、お話が進みます。
 
1.冒険の決意(0度~5度)

2. 旅のスタートと最初の関門クリア!(6度~10度)

3.快進撃(11度~15度)

4.ラスボス対決、絶対絶命のピンチをクリア(16度~20度)

5.ステージアップ、そして冒険の終わり(21度~25度)

6.次の冒険の準備(26度~30度)

 

上弦の月では、太陽が獅子座7度、火星が獅子座6度の位置にいます。

そして次の満月では、太陽は獅子座15度、火星は獅子座11度の位置です。

太陽が「4.ラスボス対決、絶対絶命のピンチをクリア(16度~20度)」の位置に入りますが、ほぼこの上弦~満月までの間は、

「2. 旅のスタートと最初の関門クリア!(6度~10度)」

「3.快進撃(11度~15度)」の度数に

太陽も火星も滞在していることが判ります。

 

サビアンシンボルの冒険の旅は、5度ずつのグルーピングで進んでいきますが、このグルーピングは、陰陽のリズムを伴っています。

この場合ですと、

 

1.冒険の決意(0度~5度)【外に向かう(外側)】

2. 旅のスタートと最初の関門クリア!(6度~10度)【自分を鍛える(内側)】

3.快進撃(11度~15度)【外側】

となります。

 

つまり、意気揚々と獅子座の冒険の旅に出て、最初の関門は自分自身のレベルアップです。

ドラクエなどのゲームでも、まずはすぐに村に戻れる近場で自分自身を鍛えます。

ある程度レベルを上げてから、本格的な旅をするのです。

 

獅子座は、自己表現の星座です。

自分自身の可能性や秘めた才能などを、自分自身を見つめ直し、ブラッシュアップする。

そして、外に向かって自己表現する。

この上弦は、そんな時期になります。

まずは、自分のこと「だけ」考えていきましょう(笑)。

次回、社会の流れから、もう少し細かく星読みをしていきます。

 

 

今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

 

関連記事

  1. アストロデータを活用しよう

    4/8(日)下弦の月 未来をつかむ星読みTips-半歩進んだら、しっかり甘やかせ!-

    4月に入ってから街では、社会人一年生らしき人たちをよく見かけます。 …

  2. アストロデータを活用しよう

    4/6(金) 未来をつかむ星読みTips-新入社員の気持ち、おぼえてる?-

    平日の朝は、ハワイアンを聴いています。 ここのストリーミングを聴いて…

  3. アストロデータを活用しよう

    4/10(火) 未来をつかむ星読みTips-自分の心が最優先!-

    小さい頃、大きな病気をしました。 かなり長く病気をしていたんです。…

  4. アストロデータを活用しよう

    1/17(水)新月その2-この1ヶ月の星の傾向+1/18(木)感情と欲望の星読み

    昔の日本は、太陰暦を使っていました。 月の満ち欠けのリズムに合わせ…

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

セッション(鑑定)のご案内

RSS

follow us in feedly

PAGE TOP