満月前の7/7(金)は小暑

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

7月のセッション募集、あと2コマございます!

星の力を利用して「豊かな未来を引き寄せる」みたいと思う方、ぜひどうぞ!

こちらからお申し込み下さい。

 

7/8(土)は満月です。

満月の時期近くには、必ず二十四節気の「節気」があります。

二十四節気には「節気」と「中気」というものがあります。

西洋占星学に関連づけて簡単に説明すると、「中気」とは太陽が滞在する星座が変わった日を指します。

西洋占星学的には、「サインイングレス」した日です。

そして、「節気」とは、太陽がその星座の15度地点に到達した日なのです。

 

今回、満月の1日前7/7(金)-七夕の日は、二十四節気の節気である「小暑」となります。

「小暑」は、太陽が蟹座15度地点に移動した日です。

 

 

 

夏が始まる小暑

「小暑」とは、小さい暑さと書きます。

意味としては、

梅雨明けが近づき温かな風が吹くころ。間もなく梅雨が明けて、本格的な厳しい暑さがやってきます。

(出典:【絵解き】江戸の暮らしと二十四節気 (静山社文庫) )

 

夏の日差しが強くなり、太陽エネルギーを受けて作物が成長していきます。

加速度的に夏が本格化するので、熱さ対策や体調管理が大切になってくる時期でもあります。

 

 

 

西洋占星学から考える「小暑」の日

上記にも記載しましたが、「小暑」は、太陽が蟹座15度に移動した日です。

7/7(金) AM7:14頃に、太陽が蟹座15度地点に移動します。

西洋占星学で星座の度数というとサビアンシンボルです。

サビアンシンボルから、この小暑の日を考えてみましょう。

 

サビアンの内容は、冒険の旅-神話のストーリの流れで解釈することができます。

「冒険の決意(0度~5度)→ 旅のスタートと最初の関門クリア!(6度~10度)→快進撃(11度~15度)→ラスボス対決、絶対絶命のピンチをクリア(16度~20度)~ステージアップ、そして冒険の終わり(21度~25度)~次の冒険の発見(26度~30度)」

神話に出てくる冒険の旅は、イニシエーション(通過儀礼)のお話として解釈できるのです。

各星座この冒険のストーリを持っていて、12の冒険の書があるのです。

 

さて、「小暑」のサビアンストーリを見て行きましょう。

 

蟹座15度のサビアンは、数え度数で蟹座16度になります。

16度からは、太陽の蟹座冒険の旅の佳境です。

冒険の旅で考えると、「ラスボス対決」をする度数に入っていきます。

このラスボスというのは、180度対抗にある星座のことです。

つまり、180度対抗にある山羊座の資質が蟹座に入り込み、蟹座と融合するために葛藤するのです。

そしてやがて、さらに大きくなった蟹座へと進化していきます。

 

蟹座16度のサビアンシンボルは、「広場で、手書きの巻物の前にしている男」『A man before a square with a manuscript scroll before him.』

ここでいう「手書きの巻物」とは、曼荼羅を意味しています。

曼荼羅とは、

密教の経典にもとづき、主尊を中心に諸仏諸尊の集会(しゅうえ)する楼閣を模式的に示した図像[1]。ほとんどの密教経典は曼荼羅を説き、その思想を曼荼羅の構造によって表す

wikiより

という意味です。

 

宗教は置いといて、「思想を曼荼羅の構造によって表す」ものが曼荼羅です。

思想という無形な考えや想いを、曼荼羅という絵図に俯瞰できる形で表現していくのです。

山羊座は実際にある物事の構造を表しますので、この「俯瞰できる形にする」ということが山羊座の資質になるのでしょう。

つまり、蟹座15度までの体験を実際に曼荼羅という俯瞰できる形に表現し、その俯瞰したものを見ながら、思いや考えを整理していくのです。

詳しくは次回以降の満月の星読みに記載しますが、ちょうど今、180度対抗に冥王星が滞在しています。

蟹座太陽はサビアン的にも、アスペクト的にも山羊座の影響を受けていくことになります。

 

 

 

小暑と蟹座15度とは?

蟹座の次は獅子座です。

蟹座の後半で、世の中の構造を学び他者との関係性をもっと理解します。

そして、獅子座では他者との関係性を意識しながら、今度は自己表現をしていきます。

 

蟹座は、意識が内側に向き、獅子座では外側に向きます。

エネルギーの転換点は、星座が変わったときにスイッチが切り替わるように内側→外側と変化するのではなく、この蟹座15度から徐々に外側へと変化するのだと思っています。

二十四節気は中国、日本、韓国あたりだけに対応しているものですが、これと西洋占星学を重ね合わせて考えると、外側にエネルギーが変化し始める時が小暑という考えもできるのではないでしょうか。

夏の暑さと共に我々のエネルギーも外に徐々に向かっている時期だと言えます。

そのような時期が背景にあり7/8(土)に満月を迎えるのです。

次回、満月の星読みです。

 

 

 

今日も夜に記事アップですね・・・明日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

関連記事

  1. アストロデータを活用しよう

    3/3(土)未来をつかむ星読みTips-未来の設計図をみて整えよう!-

    未来をイメージしたものを言葉にする。それは、自己実現につながる未来…

  2. アストロデータを活用しよう

    ちょっと未来の星読み-2017年3月21日(火)下弦の月-

     いろいろなコミュニティで活動しよう!牡羊座0度に太陽が入った…

  3. アストロデータを活用しよう

    2016年9月1日(木)は新月です!行動計画を立てよう!

    さぁ、新月です!満月までの行動計画を立てましょう!今日は、…

  4. アストロデータを活用しよう

    9/14(金)未来をつかむ星読みTips-じっくりとバッサリと!-

    プログラムを開発しよーかなーって思って、Webで調べてるんです。P…

  5. アストロデータを活用しよう

    出生図からミッションステートメントを作ろう!

    書籍「7つの習慣」というものがあります。 自己啓発…

  6. アストロデータを活用しよう

    7/5(木)未来をつかむ星読みTips-感情と欲望にフタしない!-

    この日の夜明けは4時30分。月は、うお座の後半からスタートです。…

セッション(鑑定)のご案内

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RSS

follow us in feedly

PAGE TOP