自分の月を癒やそう

この記事は約 3 分で読めます

 
前回、太陽のお話をしました。

今回は、月のお話です。

 
 
前回も書きましたが、西洋占星術で使う代表的な天体は、

・太陽---恒星
・月----地球の衛星
・水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星---惑星

という、1つの恒星、1つの衛星、8つの惑星です。

 
 
西洋占星術の月とは

地球に一番近い天体である月は、恒星でも惑星でもありません。

地球の衛星です。

地球に寄り添い、人々の心に一番近い天体となっています。

恒星である太陽の光を受け取って、光輝いています。

 

西洋占星術では、各天体が最も影響を与える年齢域と考えがあります。

月は、0~7才くらいまでの幼少期に強く出てくるのです。

小さい頃の育ち方は、その人の基本となる人格を形成しますね。

西洋占星術の月も同じです。

幼少期の自分-基本となる資質-素の自分、素の自分らしさというものを表しています。

大人になると、幼少期の頃は忘れてしまいがちですが、潜在意識の中に刻み込まれているのです。

 

 

月は受け身

幼少期の頃は、自分で自分を守る術をしりません。

全ての出来事を受け取ってしまいます。

たとえば、この時期に、親の価値観で管理されるように厳しく躾を受けると、それが潜在意識に刻み込まれて、大人になってもそこから抜け出せなくなってしまいます。

そうすると、本来持っている、その人らしい資質が隠されてしまうのです。

 

 

月を癒やそう

太陽の光を受けて月は光ります。

西洋占星術では、太陽-人生の目的です。

そして、太陽の光を受けて、自分らしさで月は輝き、太陽という人生の目的を掴みにいくのです。

ですから、自分らしさが出ていないと、太陽は掴めません。

インナーチャイルドの問題や、幼少期の体験からのブロックがあるなら、しっかりと癒やして開放してあげましょう。

まずは、良いところもダメなところも全部ひっくるめて、自分を大好きになることです。
 

 

今回は、 みけ先生が、マンスリースターで月の扱い方を教えてくれます。

ご参加の方には、太陽の回の動画を無料で配布するそうです。

太陽と月は、人生の中で特に大事な部分。

自分の太陽と月を大切に育くむには、良い機会だと思います。

気になったかたは、ご参加してみて下さい。

  
 
今日もみなさまにとってわくわくな一日でありますように!!!

関連記事

  1. 未分類

    ベジラップで美味しく健康に。そしてダイエットも!-ORGANIC VEGGIE WRAPS-

    本日は、ちょっと違った内容の投稿です。今、アメリカのホールフー…

  2. 未分類

    『西洋占星術師』は怪しいか?

    占星術の師匠から、「ブログにもっと自分の熱や自己開示といった…

  3. 未分類

    冥王星が順行に。そして海王星が魚座9度へ移動。

    なーんか残ってるモヤモヤ苦しさ解消明日9/26に、…

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

セッション(鑑定)のご案内

RSS

follow us in feedly

PAGE TOP